「名古屋美人」を目指して美容整形を受ける美容外科探し

ライン

顔の美容整形では、主に「目」「鼻」「口元」「頬や顎のライン」などに施術を行います。
例えば、ぱっちりとした目を手に入れたいと考えている人であれば、二重まぶたにする美容整形が効果的でしょう。
二重まぶたを形成するために行う施術には、まぶたを切開する方法と、極細の糸を埋め込む方法の2種類があります。このように、同じ二重まぶたを作るための施術であっても、方法は異なるのです。

鼻であれば、団子鼻や広がった鼻を解消するために、鼻の軟骨や皮下脂肪を切除する美容整形が効果的です。
軟骨や皮下脂肪を切除するためには、鼻を切開する必要がありますが、現在の医療技術は非常に発達しており切開部はごく小さなもので済みます。目立たないように切開してくれるため、傷跡が気になることもほとんどありません。ただし、これは担当医の技術によって異なるため、切開を要する美容整形を受ける際には腕の良い担当医がいる美容外科を選ぶ必要性があります。
鼻の形を整えたいという人には、逆に人口軟骨を埋め込んで理想的な形状に近づける施術を行う場合もあります。この場合も切開が必要であるため、同様の注意が必要です。

年齢と共に皮膚が垂れ下がってくる口元の美容整形では、しわを取り除くためにヒアルロン酸やボトックスの注入が一般的です。
ヒアルロン酸は、肌の潤いを保つために必要な成分として有名なコラーゲンと同じ働きを持つもので、注入することで皮膚がぴんと張り詰め、みずみずしい肌になります。メスを必要としないため、切開しない安全な施術といえるでしょう。
ボトックスとは、筋肉の働きを弱める作用がある成分のことです。これを注入することで、表情を動かすことによってできるしわを解消することができます。筋肉の働きを弱める、ということに抵抗感があるかもしれませんが、適切に用いればほうれい線や顔の小じわの解消に非常に有効です。こちらも切開しない安全な施術で、注入するだけで良いので施術に要する時間も少なく済みます。